Text Size : A A A
Img_70b5f6a88ebee6fe494e2067a2ab343b
Img_b4421768660dfe06e259d3c084cfecb6
Img_a21c2f0f5064b0d2c1848bd1cb238ad8
雪だるまカブレラ君がお出迎えしてくれた
川崎フロンターレ様の麻生グラウンド。

天気は良くなかったのですが
本日を逃すと何週間も施工ができないため決行。
クラブハウスとサブグラウンドに
スポンサーバナーを取り付けました。
Img_a240d2d82b9843798a002ac94fc09ddf
作業を始めるギリギリまで雪が散らついていましたが
気が付けば、いつの間にか止んでいました。

ふと目にした真っ白なグラウンドがとても幻想的でした。
Img_5bd045a8101d643e008191ef51c2f56f
Img_31275a5bbfc70a965dd3d1e898d346a0
あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本日より通常営業させていただきます。

例年通り元日に我が家の鎮守「驚神社」に参拝に行ってきました。
今年は戌年ですね。狛犬様のようにクライアント様と阿吽の呼吸で
仕事を進められるように精進して行きます。

本年も変わらぬお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。

運試しのおみくじですが年末の旅先から
3連続で「大吉」を引かせていただきました。
Img_8e130f2841195e82e7bcebb6ff35883c
昨日、少し時間ができたので
開催中の「2017 フロンターレ展」を見てきました。
Img_c60166ef1fa568cf7db68a220b4c881c
何と言っても、今年はJ1リーグ優勝の「シャーレ」や
「トロフィー」、「メダル」の本物が見れること。
Img_e1cea8ba097421a16b69d7a3104c11ec
ついでに、私がデザインしたパネル販売用ポスターも
ありました。
Img_89a8305ff34a6c20e867be343da3070d
Img_90540ae8a850dbd48cf93e0b9291f94b
2017年12月2日(土)ホーム等々力で
川崎フロンターレが 5 vs 0 で大宮アルディージャに完勝し
首位鹿島が引き分けで試合を終了したとの知らせが入り
まさかの大逆転でJ1リーグを青覇してから早1週間・・・。

昨日10日(日)は11時30分から川崎にて優勝パレードを見学。
19時からは渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにて
優勝祝賀会に参加してきました。

優勝が決まってから今日まで忙しかったであろう
スタッフの方と顔を合わせて挨拶するにつれ、この日が来たのだと実感。
川崎フロンターレの選手・スタッフ及び関係者の方に感謝いたします。

サポーターへのサービスとゲームでの勝利は関係ない
どちらも100%本気で挑むことができると証明してくれたことが
何より嬉しかった。

ただただ、嬉しくて嬉しくて選手・監督・コーチと
一緒に写真を撮らせていただきました。
本当に今日だけは1サポーターとなってしまいました(笑)

寂しいけど感動に浸れるのも今日までかな。
明日からは今まで以上のプレッシャーを感じつつ新しい挑戦が始まります。
Img_af13d0ec3928775ceb881d6b56ad7d03
Img_b6e84225f89802e6b765a37b076b7a24
Img_5752659e5ea53a51547e3d6b7a72d824
9月30日(土)セレッソ大阪戦で開催された
鉄道ファン・川崎フロンターレファンの方々に
毎年大好評の「川崎の車窓から~東急グループフェスタ~」。

今回お手伝いさせていただいたのは東急バスさんの
ラッピングバスを作る名付けて「Paint It Blue Bus!!」。
バスのデザインをみんなで一緒に作る参加型のイベントです。

バスに取り付けたインクの入った水風船を
みんなが蹴ったボールでドンドン割っていき
バスにインクでペイントをしていきます。
最後に型取りされたラッピングを剥がすと
なんと! イラストが浮き出てくるという仕組み。

初めての試みで試行錯誤でしたが
ラッピング施工を担当していただいたアクスル様の素材選び
バスのデザインを手がけていただいた大塚いちお事務所様のアイデア
傷がつくかもしれない企画にバスを提供いただいた東急バス様
イベント運営に経験を生かしてくれたTOKYO CITY F.C.様、亜細亜大学の学生さん
悪条件の中で撮影をしていただいたWISEのカメラマンさん親子
最後まで諦めずにテストを繰り返したフロンターレの担当者様
そして、イベントを盛り上げてくれたサポーター全員の力で成し遂げられたイベントでした!
最後大勢の観客が見守る中、お披露目が成功したときは
ちょっと感動してしまいました。

今回のイベントで作られたイラストを元にデザインしたバスが
実際に走り出すのは、もう少し先ですが楽しみに待っています!