Text Size : A A A
Img_d8380713f4d27b449f57a664c1ed7893
Img_6664c5df1e71f037d2ecc2a1251b0dfe
Img_42bab9b162536c7d480a2e691b832bd8
2000年ナビスコカップ・・準優勝
さらに2007年ナビスコカップ・・準優勝
そして2年後の2009年ナビスコカップ・・・またもや準優勝

その後、8年もの間投げる機会を無くしていた皆の思いが詰まった
「青覇テープ」のパッケージを新しくデザインさせていただきました。

そして来る11月4日、皆の思いをぶつけるYBCルヴァンカップ決勝が行われました!
今年こそは優勝を! と埼玉スタジアム2002へと応援に駆けつけましたが
あらら・・・ わずか47秒で失点?!!

こんなことが起こるとは思いもしなかったのですが
逆にまだまだ得点する時間はたっぷりあるでしょ と心を落ち着け観戦。
しかし、リードしたC大阪の守備は堅く得点できずに時間だけが過ぎていき
前がかりにならざるを得ないフロンターレのカウンターを突かれてダメ押し点。
結果、セレッソ大阪 2 vs 0 川崎フロンターレ で負けてしまいました。

今回も投げる機会を無くしてしまった「青覇テープ」。
芯を抜いてスタンばっていましたが次の機会まで大事にしまっておきましょう。
パッケージにも「なげたい!」と切実なるメッセージが入っているので
早く次のチャンスが来ることを祈って一層応援しましょう!
(Order:2017.Oct.)

©KAWASAKI FRONTALE CO.,LTD.
Img_f90bbb9cd790a73b0e5eb8c04875e14b
Img_7bd72ad511bfd121dd632c973aa1c67f
今年の2月にWEB限定で発売したスマートフォンケース企画の第2弾!

今回のラインラップはハードタイプ(全2種)、クリアタイプ(全5種)、
手帳タイプ(全2種)にモバイルバッテリー(全5種)が追加された4アイテム。
全てのデザインを弊社でさせていただきました。

ふろん太シルエットとカブレラシルエットは
誰でも使用しやすいベーシックなデザイン。
色数も抑えて、何色の機種にでも合うようにしています。
Appleマークの場所に、ふろん太とカブレラが
かじられたシルエットを配して遊んでいます。

ペイントタイプは今年のシーズンコピー「Paint it Blue」をイメージしたデザイン。
使用しているカラーはフロンターレブルー・フロンターレブラックに
昨年発表された川崎市の新しいシンボルマークのレッド・グリーン・ブルーを配色。

ビッグエンブレムはレトロ調なイメージでデザイン。
大胆に配置されたエンブレムが強烈なインパクトを与えますが
所々擦れているダメージ表現によって全体に馴染ませています。

それぞれ、個性を持たせていますので
お好みのスマートフォンケースを選んでいただけると嬉しいですね。
また、モバイルバッテリーとお揃いで所持するのもオシャレかも!

※こちらの商品は現在(2017年11月)の段階で
 川崎フロンターレオフィシャルグッズショップ「アズーロ・ネロ」と
 オンラインWEBショップで購入可能です。
  (Click!) 
(Order:2017.May.)

©KAWASAKI FRONTALE CO.,LTD.
Img_cfb487f5a93e653bf1e5bcc84d0a2fc6
Img_89beae059e198c84691647f93489d17d
Img_e3697e9cf45e49f6a6a28af97a26d42d
弊社クライアントの株式会社フレッサ様のご依頼で
「ファンタジスタ相模原フットボールパーク」様の
オフィスバスのラッピングデザインを担当いたしました。

株式会社フレッサ様は車体広告の運行専門会社で
自社オリジナルの車両製作もしている会社です。
車庫を見ているだけで楽しいクルマがたくさんあり
クルマ好きには時間を忘れてしまう会社です。

ラッピング施工当日は現場を見学させていただきました。
車内もオフィスとグラウンドを観覧できるカウンター席に分かれていて
内装各所にバスのパーツも残されていてオシャレでした。

その後、相模原に移動してからはバスは見ていませんでしたが
先日、たまたま近郊に用事があったので
ふと思い出してフットサル場まで足を伸ばしてみました。

残念ながらスタッフの方が不在でしたので
外から眺めることしかできませんでしたが
グリーンのグラウンドとレンガ模様のバスと澄み渡る青空の
コントラストがとても気持ちよかったです。
(Order:2017.Aug.)