Text Size : A A A
Img_2a4f7e5d5cba187b69fe64d4ea0a28cc
Img_1340f9986c2a79e17101c3dda3c969fa
Img_d748ee382077f5723f80b8b9b1f825dd
皆さん「アンプティサッカー」って、ご存知ですか?
私は今回広報物のデザインに携わるまで
恥ずかしながら全く知りませんでした・・・。
アンプティサッカーとは、主に上肢、下肢の切断障害を持った選手が
日常生活で使われる通常の松葉杖「クラッチ」を
ついて片足でプレーするサッカーのこと。

これも何かの縁と思い10月1日(土)、2日(日)に富士通スタジアム川崎で行われた
「第6回 日本アンプティサッカー選手権大会 2016」を観てきました。
観戦前までは失礼ながら、普段見ているサッカーほど動けないだろうし
趣味感覚なのかな~ と思っていました。

ところが、試合を見ているうちに、のめり込んでいることに気がつきました!
片足だけど両足の選手のように走るアグレッシブさ
転倒してまでもボールに追いつこうとする迫力。
クラッチが曲がってしまうほどの激しいコンタクト。
気がつけば最後の試合まで見入ってしまいました。

この仕事をしていて幸せに思うのは
普段全く関わりのない業界のことでも知ることができる
いや、むしろ調べないといけないこと。
2020年の東京パラリンピック新種目候補には
残念ながら落選してしまったが
これからの活動を応援していきたいと思いました。

下記に第6回選手権大会の詳細が紹介されていますので、気になる方はどうぞ!
 (Click!) 
(Order:2016.Aug.)