Text Size : A A A
Img_bc129e82a0577bbdf4fa230d8aeb3295
Img_a6c418a0059675ac82e3feb1fda0e94a
ようやく今年1月にデザインした案件が
第29回 多摩川クラシコ「タオルマフラー」です。

過去の記事でも紹介しているように
2012年からデザインを担当している息の長い案件です。
年2回(ホーム&アウェイ)デザインをするので11作目となります。

今回は過去のギャラリーに紹介した
第26回以降のタオルマフラーをまとめてみました。

上の写真(上)は今年3月に開催された「第29回 多摩川クラシコ」(ホーム:東京)。
今期、川崎フロンターレからFC東京への移籍し、唯一多摩川クラシコを
両チームの目線で語れる男「大久保嘉人」選手をテーマにデザインしました。
多摩川で分断された東京と川崎を結ぶ『多摩水道橋』をモチーフに
川崎Verは大久保選手が去るイメージ、東京Ver.は来たイメージでデザインしています。

上の写真(下)は2016年7月の「第28回 多摩川クラシコ」(ホーム:川崎)。
話題作「シン・ゴジラ」の中で、ゴジラが川崎フロンターレのホームタウン武蔵小杉に
上陸し等々力競技場を通り多摩川・丸子橋付近で自衛隊と一大決戦を繰り広げる
シーンがありタイアップが決まりました。

そして、下の写真は2016年4月の「第27回 多摩川クラシコ」(ホーム:東京)。
両チームの「攻撃サッカー」をキーワードに「打ち合い」をコンセプト。
この年からFC東京の監督に城福氏が就任した経緯もあり
「ジョー」つながりで「あしたのジョー」をイメージして
キャラクターをボクシングスタイルで描き起こしました。
両チームのマフラーを揃えれば名シーン「クロスカウンター」の出来上がり!

両チームのスタッフの方々が、たくさんのアイデアを出して
プロモーションをしていただき今日まで続いてきた企画。
ずっと続いていくと嬉しいです。
(Order:2017.Jan.)

©TOKYO FOOTBALL CLUB CO.,LTD.
TM&©TOHO CO.,LTD.
©KAWASAKI FRONTALE CO.,LTD.

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする